HOME > 女性の病気 > 生理痛

子宮の病気があって起こる器質性月経困難症、イライラする生理痛、頭痛が起こる生理痛、下腹部が痛い生理痛

生理痛

【症状・説明】

月経(生理)が始まる直前か、月経中に起こる下腹痛、腰痛、頭痛などを総称して生理痛という。生理痛には大きく2つに分けて、月経中に起きる月経困難症と月経前に起きる月経前緊張症がある。

○月経困難症:
月経直前や始まりと同時に起こる、いろいろな不快な症状をいう。腰痛、背痛、悪心、嘔吐、下腹部痛があったり、仕事や勉強を続けることが困難になったり、眠けやだるさを感じたりする。また、子宮に何らかの病気があって起こるものを、器質性月経困難症といい、病気がない場合の症状を機能性月経困難症という。

機能性月経困難症は、若い人に多く、20代後半、30代になってから、急に始まるということはほとんどない。そういう場合、またはだんだんひどくなるような場合は、何らかの病気が疑われるので、専門医(婦人科)で受診した方がよい。

○月経前緊張症:
月経の始まる数日前から出現し、月経が始まると消えるいろいろな痛みや不快な症状をいう。症状は人によって様々あるが、一般的には、イライラする、頭痛が起こる、乳房がはる、のぼせる、下腹部が痛い、腰が重い、吐き気、ニキビができるなどがある。若い時期に見られるが、若干、月経困難症より高齢、と言っても20代後半から30代でも起こる。

【原因】

月経困難症:原因として、子宮発育不全、エストロゲン(卵胞ホルモン) とプロゲステロン(黄体ホルモン)のアンバランス、子宮内膜症、子宮筋 腫、自律神経失調などが考えられる。

月経前緊張症:エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホ ルモン)、加えて抗利尿ホルモンのアンバランスが原因と考えられている。 また、ストレスや冷えなどにより血液循環が悪い、栄養不足なども生理痛 の原因になるといわれている。

【対策】

月経直前と最中は、女性は他の下腹部の病気(膀胱炎、便秘、下痢など) を併発しやすい時期でもある。また、冷えて血流が悪くなると、痛みも強 くなる。それらの予防も兼ねて、まず、下半身は冷やさないように工夫す る。
保温性の高い下着を使ったり、腰や下腹部に使い捨てカイロを当てた り、ソックスをはいたりする。ゆったりとお風呂で温まるのも、冷えを防 ぎ、精神的なストレスを同時に和らげるので効果的である。

食事の面では、不足しがちなビタミン、鉄分、ミネラル類を摂取するとと もに、乳製品や緑黄色野菜、肉類、魚介類、大豆製品をバランスよく摂取 することが第一である。加工食品や添加物の入った食品は避けること。

月経の前は骨盤の血流の流れがうっ滯する。これを改善するために適度な 運動は有効である。月経の始まる1週間くらい前からジョギング、ウオー キング、スイミングあるいはエアロビクスやもっと簡単な全身の屈伸運動 などでも効果がある。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved