HOME > その他 > 椎間板ヘルニア

臀部から足にかけ猛烈な激痛が走る椎間板ヘルニア、足をえぐるような痛さの椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

【症状・説明】

なにか体を動かそうとした瞬間に、臀部から足にかけ、猛烈なズキンとい う激痛が走る。
症状が重ければ、24時間自分の足でないような激痛にお そわれてくる。基本的に神経痛と筋肉痛では痛みの性質が異なっている。
大変厳しい痛みがあり、足をえぐるような痛さだと訴える患者は多い。

どの患者も一定の痛みの走行パターンがあり、治療そのものはそれほど 難しいものではない、発症から治療までのスパンが短かければ、ヘルニ アの状態にもよるが1・2ヶ月程度で緩和することが多い。

椎間板ヘルニアの症状は多彩だが大きく三つに分けて、ヘルニアが脊髄 を圧迫して生じる脊髄症状、神経根を圧迫して生じる神経根症状と椎間板 そのものから発生する椎間板性疼痛である。特徴は以下の通り。

脊髄症状
手、体幹、下肢のしびれ ボタンかけがしにくい、ハシが持ちにくい、 階 段が降りるとき力が入らない。 歩行時足に力が入らない 尿の出方が弱い。 便秘がち

神経根症状
首から肩腕にかけて重い、だるい、焼けるような痛みが走る。 頚椎をそ らすと腕に痛みが走る

椎間板性疼痛
頭痛 頚部痛 めまい はきけ

【原因】

椎間板は頚椎の間にあり、線維輪と呼ばれる周辺の硬い部分と高い圧を持 った中心部分とからできている。線維の部分が弱くなると椎間板がふくれ て、神経を圧迫して脊髄圧迫症状と神経根圧迫症状を発生する。
椎間板が 神経に向かってふくれることを椎間板ヘルニアと言う。

しかし、近年ヘル ニアが激痛の原因とばかりは言えないという事が明らかになってきている 。その証拠にヘルニアを切除する手術を受けても、一向に痛みが引かない 場合がかなりの確率で起こってくるからである。

【対策】

これまでの椎間板ヘルニア治療には、大きく分けて対症療法と切開手術の 2通りがある。
対症療法では症状の緩和が見られないこともあり、手術で は長期の入院が必要となるため、多くの人々を悩ませている。
そのため、 なにより重要なのは、椎間板ヘルニアにならないことである。

椎間板ヘルニアは、生体力学的な危険を知ることが大切で、滑る、転倒、 ねじれ、振動などの運動がその対象となることが多い。また、椎間板にか かる負担である椎間板圧は、座った状態が一番負担が大きくなるため、適 度に体を動かし、毎日行える運動を取り入れることがおすすめである。


>>整形外科医学事典

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved