HOME > その他 > 悪性リンパ腫

男性に多い悪性リンパ腫、首のリンパ節がはれる悪性リンパ腫、わきの下のリンパ節がはれる悪性リンパ腫

悪性リンパ腫

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

はじめは、首、わきの下などのリンパ節がはれ、やがて全身のリンパ節は れてくる症状で白血病に近い症状である。
この症状にはリンパ性細綱肉腫 、ホジキン病、濾胞性リンパ芽腫などと呼ばれる病気がふくまれておりこ れらを一括して悪性リンパ腫という。この病気は一般に男性に多く見られ 、その男女比を見ると23対1の割合で発生している。

50〜60歳間に 一番多くリンパ肉腫とホジキン病は55〜60歳にもっとも多く発生して いる。
これらの病気の症状は、いずれもリンパ節のはれ(腫脹)である。

患者の約80%にこの症状がみれれている。はじめは頸部、わきの下、 祖頸部などにかぎれれているが病気が進むと全身のリンパ節に及んでくる 。初期症状として貧血や発熱、リンパ節の痛みなどがあげられる。悪性リ ンパ腫の5年生存率は50%程度である。

【原因】

悪性リンパ腫はリンパ組織(免疫組織)から発生するガンである。胃腸に 発生する悪性リンパ腫は一般の全身に発生する悪性リンパ腫(白血病の仲 間)にくらべると悪性度が低く、手術+抗がん剤にて完全に治ることがM ALTリンパ腫とよばれる独特の細胞由来のものが多い。

発生する場所が 特徴的で、もともと直腸と回盲部(盲腸の近く)にリンパ組織が多いため 、悪性リンパ腫もこれらの部位にできやすい。

【対策】

多くは食生活・運動・休養・喫煙・飲酒など生活習慣をみなおすことによ り、疾病の発症・進行が予防でるので、いわゆる生活習慣病予防という認 識を一人ひとりが持ち、行動に結び付けていくことが大切である。

悪性リ ンパ腫は不治の病と考えられていたが、現在では化学療法と放射線療法で治 療可能な病気となり、早期や中期の患者さんの5年生存率は著しく向上し ている。
この病気の場合、副作用に悩む患者さんが少なくないが、免疫不 全による感染症や抗がん剤による副作用を克服するためにも、栄養摂取を 心掛けることが大切である。

また、治療終了後に外来で定期検診を受けることを確実に実行したい。 いずれにしても、主治医の勧める治療を受け、副作用を克服する対策を医 師と共に講じるのが先決である。

>>血液疾患のリンク集

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved