HOME > 目の病気 > 

先天性緑内障、原発性緑内障、続発性緑内障

緑内障

【症状・説明】

眼球内部を満たす眼房水の圧力が異常に高くなったため、一時的に、ある いは永久的に視力障害をおこしおたものをいう。成人病の1つと考えられ、 失明する原因として世界各国で第1位から第3位の間にある。

緑内障には、その原因により先天性緑内障、原発性緑内障、続発性緑内障 に分けられる。それぞれ症状に違いがある。

先天性緑内障:先天的に、眼房水が排泄される部分の発育が悪いため眼圧 が高くなるものである。角膜や強膜が伸びきってしまい、黒目が大きくな ったりする。放置すれば視神経の圧迫により、失明する。

原発性緑内障:眼圧上昇の原因が不明であるもので、眼圧上昇が徐々で比 較的軽い単性緑内障と急激におこり重度の炎性緑内障に分けられる。炎性 緑内障では、急激な眼痛や頭痛、悪心がおこり、1日で失明することもある。

続発性緑内障:目に疾患があり、それが誘因となって眼圧上昇をおこした ものを続発性緑内障という。又、医療(薬剤)が原因で、原発性緑内障に 似た症状のあらわれることがある。たとえばアレルギー性血膜炎に対して、 ステロイド点眼剤を長期連用すれば眼圧が上昇して原発性緑内障と同じ経 過をとることがある。

【原因】

先天性緑内障は、生まれつき眼内液の出口の発育が悪いために起こる。 原発性緑内障は、目に直接原因となる他の疾患がないもの、あるいは、原 因がわからないでおこる。

続発性緑内障は、ぶどう膜炎、角膜炎、白内障の手術のあと、腫瘍、ステ ロイド剤長期投与、水晶体疾患などを原因として発症する。

その他の原因として、高齢者やもともと近視や遠視の人に、精神的過労や 睡眠不足などが重なると、誘因となりやすい。

【対策】

いちど緑内障により失われた視野は、薬や手術によって回復することがで きない。毎日の生活習慣や、食事等に気を使うことで予防したり、進行を 遅らせることが大切である。

緑内障の危険因子には肥満、関節炎、カフェイン、タバコなどがある。眼 圧を下げることがよいというより、眼圧が下がるような日常生活が緑内障 の予防によい。

緑内障の人は特に不足傾向が見られるビタミンAやB1、 眼圧を下げる作用があるビタミンB6・C・E、視力低下を予防するビタ ミンB12を多く含む食品を摂る。油脂はリノール酸系の脂肪酸を控え、 魚などからα―リノレン酸系の脂肪酸を適量摂取する。適度な運動も眼圧 を下げるのに有効だ。

食事療法だけで眼圧が下がる場合がある。眼圧のコントロールや血流の改 善で視神経の働きがよくなった人、緑内障の進行が止められた人もいる。

【参考サイト】
ルックルックベリー
>>眼科医学事典

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット

- PR -

Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved