HOME > その他 > メニエール症候群

めまいがするメニエール症候群、耳鳴りがするメニエール症候群、難聴メニエール症候群

メニエール症候群

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

メニエール症候群とはめまいが主な症状で、難聴がいっしょに起こること が多く、吐き気や嘔吐が起こることがある。また、耳鳴りを伴うこともあ る。めまいの発作は軽いもので数分から数時間、重いものになると2〜3 日続くこともあり、一度だけで治ってしまうこともあるが、そのほとんど が症状が治まっても、また同じような症状を繰り返すのである。

メニエール症候群自体は、特に生命に危険があるという病気ではないが、 めまいを起こす病気はメニエール症候群だけではなく、脳や心臓などの病 気が原因となっていることも考えられるために充分な注意が必要となるの である。

近年メニエールが増えているようで、めまいを訴えて来院する人が多く なっている。以前は女性が多かったのですが、今では30〜40代の男性 の多さがが目だってきているのが現状である。

【原因】

メニエール症候群の原因には、内耳の自律神経の異常、血行不全、迷路内 リンパ圧の昂進、アレルギー説、水分代謝の異常による内耳内の水分貯留、 中枢の発作などにより平衡障害を生ずるものではないかといわれているが 十分な原因は見つかっていないのが現状である。

【対策】

薬物療法によるが、体質からくるものは全治が難しい。発作の軽減や発作 の周期をのばすことはできる。また、肉体的、精神的な過労が誘因となる ことも多いので、ストレスを避け、休息と安静が必要である。重症で薬物 療法が無効なときは、手術による治療も行われる。

もし症状が出たら突然めまいがすると驚いてしまいがちだが、まずあわ てないことが大切である。すぐに横になって目を閉じ、しばらく安静にす るとよい。無理に頭や体を動かすと耳を刺激して、めまいが強くなったり、 気分が悪くなって嘔吐をおこす場合もあるからである。

心身ともに安静に することが重要である。
また、部屋が明るいと物が動いて見えて気分が悪 くなるので、なるべく部屋は暗くしたほうがよい。また、この病気は音に 対して非常に過敏になり、耳にも響いてつらく感じるので、音楽など を遠ざけ、音のない静かな状態にして休むことがお勧めである。

日常の中で注意
1. 内耳への血流が悪くなるので、禁煙する
2. 塩分は一日8g以下の減塩の食事にする
3. 水分を摂り過ぎない
4. アルコールは控える
5. 心身ともに疲れをためない
6. 自分なりのストレス解消法を見つける
7. 適度な運動を心がける
8. 毎日、充分に睡眠をとる
9. 入浴はぬるめの湯にする

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved