HOME > その他 > みずむし

皮膚に小さな水ぶくれのみずむし、かゆみがひどいみずむし

みずむし

【症状・説明】

みずむし(水虫)は、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)[みずむし菌]が、 足の裏などに入り込んで起こる皮膚の病気である。多くの場合、皮膚に小 さな水ぶくれを生じさせることから、“みずむし”と呼ばれるようになっ た。
正しく治療すれば、数カ月で完治するケースがほとんどだが、菌を完 全に殺してしまう前に治療をやめると、いつまでも悩まされることになる。 また、体質や生活習慣に問題があると、繰り返し感染する病気である。

みずむし菌が棲みつくのは、皮膚のいちばん外側にある「角質層」 死んだ細胞の集まりである。みずむし菌はここで、ケラチンというたんぱ く質を食べて繁殖する。

また、みずむし菌は温かく湿った環境を好み、特に温度26℃前後、湿度 70%以上のとき、最も活発になるといわれている。
そのためみずむしの症 状は、春から夏にかけて悪化し、冬になるとおさまるという周期を繰り返す のが一般的だが、近頃では、暖房設備の充実により、季節を問わずみずむし に悩まされる人が増えている。

症状は非常にかゆみがひどく、かき過ぎると湿疹のようになったり、さ らに化膿球菌の感染によって、患部が強くはれて炎症を起こし、化膿性の ものになることがある。

水虫は、靴を常用する人や多汗症の人に多く、冬 にはほとんど治ったようにみえても、夏になるとさらに悪化して慢性化し ていく場合が多い。

【原因】

みずむしの原因は白癬菌というカビの一種が足の皮膚に感染することである。

「ブーツ」「ルーズソックス」など通気性の悪い足回リのフファッシ ョンの流行や、働く女性が増え、蒸れやすいハイヒールやストッキングを 長時間履くようになったことは、一日中、革靴を履いて仕事をしている男 性と同じで、足がむれてくる。

また、家族にみずむしの人がいて、スリッ パやバスマットを一緒に使っていると感染の要因になってくる。

【対策】

カビは高温多湿を好む性質がある。靴を履く時間を短くして石鹸で丁寧に洗い、乾燥させるとよい。健康サンダルは、水虫を直りづらくすると言わ れている。
また家族にうつらないようにバスマット、サンダル、スリッパ を共有しないように注意し、床や畳はまめに掃除することをお勧めしたい。 水虫と思われるときは皮膚科に受診して早く治すことがよい。

治療方法は塗り薬を1日1回、お風呂上がりに広めにうすく塗り軟膏、 クリーム、水薬があり、症状や使用感の好みにより決める。爪の水虫は治 るまで長い時間がかかってたが、最近、内服薬が発売され、高い効果が得 られるようになってきた。


>>感染症科医学事典

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved