HOME > その他 > 片頭痛

医学・健康情報サイト J-Medical

片頭痛

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

頭痛を訴える患者の大部分は、自らを「頭痛もち」と思っている。この頭痛 もちの頭痛の中にはいくつかの種類があるが、最も多く、しかも悩まされ るのが「片頭痛」である。 片頭痛は頭の片側からこめかみにかけて脈打つよ うに「ずきずき」、「がんがん」と痛み、ひどいときには日常生活が妨げられ るほどの強さの痛みや、吐き気を伴うとてもつらい頭痛である。

片頭痛は 思春期頃から発症することが多く、成人の約8%が罹患していると言われている。 中でも女性に多く、患者の数は男性の約4倍といわれている。片頭痛は一生 の病気であり、現在の医学では完全に治すことはできていないが、片 頭痛の正しい知識を身につけ、上手に対処することで、より快適な日常生 活を過ごすことができるようになる病気である。

片頭痛はその名の通り、片側の頭痛として現れることも少なくないが、 痛みの現れる部位が左右変動する場合や、両側が痛むが左右で差がでる場 合、両側が痛む場合など痛みの種類はさまざまである。片頭痛は決まった 片側のみに現れる頭痛ではなく、「偏った痛みがあらわれやすい」と理解し たほうがよい。

片頭痛の症状
1. 脈に合致したズキンズキンとした痛みがある
2. 痛みは頭の片側の時が多いが、両側の時もある
3. 頭痛は、数日〜数週間の間隔をおいて発作性に現れる
4. 一回の頭痛は数時間から3日で治まる
5. 頭痛発作の時に、悪心(吐き気)、嘔吐などを伴うことがある
6. 頭痛発作の時に、強い光や大きな音、不快なにおいで頭痛が強まることがある
7. 明け方から目覚めの時に頭痛発作が起こることが多い

【原因】

脳血管の拡張が原因と考えられている。月に1〜2回、多いときは週に2〜3 回程度、頭の片側、または両側が「ズキンズキン」、「ガンガン」と激し く痛みがおこってくる。また、嘔吐や、音・光に敏感になってくる。

特に20〜40代の女性に多く、頭痛が起きている間は日常生活に影響を 与えるほだが、治まると完全に普段の状態に戻ってくる。片頭痛の原因と しては、ストレス、音や光、アルコール類、女性ホルモンの変化などが考 えらている。

【対策】

最近では片頭痛の原因がずいぶんわかってきている。それによって、より 効果的な治療法も開発されてきている。ここで重要になってくるのが、ど のタイプの慢性頭痛なのかという見極めである。それがあいまいだと治 療の方針も立たない。それどころか治療がまったく逆の方向に向いてしま う恐れもある。

例えば、その慢性頭痛が「片頭痛」である場合、片頭痛は脳の血管が拡 がることから始まる頭痛であるから、“血管拡張予防薬”を使うことがあ る。
ところが、その薬をのんでいる人が、実は「緊張型頭痛」であったと き、効果がないばかりか逆効果になる恐れも生じてくるのである。という のも「緊張型頭痛」の人は、ストレスで筋肉が緊張し、血行もよくないこ とが多いから、薬で血管を収縮させる方法に働かせてしまっては、症状が 改善されるはずはない。
もっと深刻な問題が生じる場合もある。例えば、 狭心症の人が「片頭痛」のための“血管拡張予防薬”をのみすぎると、血 管を収縮させて、ただでさえよくない血行に、さらに悪影響を及ぼす恐れ が生じてしまうのである。本当に「片頭痛」なのかどうか、きちんと見極 める必要がある。

このように、慢性頭痛のタイプによって、治療方法も違ってくるので、 タイプ分けは、非常に大きな意味を持っているのである。漠然と慢性頭痛 だから、痛み止めを飲み続けるといった対処の方法ではよくなるのものも よくならないどころか、いろいろな深刻な問題を新たに生じてしまうかも しれないのである。どんな頭痛なのか、見きわめること。まずそこから、 慢性頭痛の本当の治療が始まるのである。

日常生活で気をつけることはストレスをためずに毎日適度な運動を心が けるようするようにするとよい。片頭痛の症状がみられる場合は早めの診 断を受けた方が良い。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved