HOME > その他 > 食物アレルギー

アトピー性皮膚炎を伴った食物アレルギー、乳児で最も多く発症する食物アレルギー

食物アレルギー

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

食物が原因で起こるアレルギー症状には、下痢、嘔吐等の胃腸症状や湿疹 、じんましん、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、喘息、気管支収縮など の呼吸器疾患などがある。
人によりアレルギー症状も多様であり、症状か ら原因物質を推定することは困難なため、検査によりアレルゲンを検索し ていくことが重要なポイントとなっている。

食物アレルギーは、アレルギーマーチのうち最初に認められ、アトピー 性皮膚炎を伴った形で発症してきます。食物アレルギーはわが国で以前か らあったが、最近15年ぐらいの間に急増している。

食物アレルギーは1歳未満の乳児で最も多く発症するが、厚生労働省の 調査によると小児から成人まで幅広く認められている。
最近では様々な食 品にアレルギーが認められるようになってきたのも特徴で、以前では見ら れなかった果物・野菜・芋類などによる食物アレルギーの報告もされてい る。

【原因】

アレルギー反応は、“抗原”(アレルゲン)と呼ばれるアレルギーのもと になるものを摂取することで起こってくる。

抗原が体の中に入ると“抗体”ができ、そこへ再び抗原となるものを摂取 すると、抗原と抗体が結びつき、アレルギー反応が起こる。
抗原となりや すい食物成分はタンパク質。タンパク質ですべての人がアレルギーを起こ すわけではなく、起こしやすい人と、そうでない人がいる。

アレルギーになりやすい体質は遺伝するといわれている。

【対策】

除去する時は家の中にアレルゲンとなる食材を置かないことが前提である 。
症状の緩和に除去はかなり有効である(旧厚生省、H9食物アレルギー に関する調査報告では除去902人中645人で症状が消滅している。症 状が消えなかった患者は交差性や家族からの接触なのかもしれない)。

そのためには、家族全員がその除去食を食べ、アレルゲンとなるものは 本人の前で食べないだけでなく、基本的に置かないことが必要。それはア ナフィラキシーを予防という意味はもちろんのこと、みんなで取り組む姿 勢や患児の気持ちの上からも必要なこと。家族の結束を強めるいい機会で はないだろうか?


>>皮膚科医学事典

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved