HOME > その他 > 糖尿病

のどのかわき糖尿病、多飲・多尿の糖尿病、体のだるさ・体重減少の糖尿病

糖尿病

【症状・説明】

糖尿病は血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高い状態が持続 する病気である。

通常、食事をし食物に由来するブドウ糖 やアミノ酸が体に吸収されると、膵臓からインシュリンと 呼ばれるホルモンが分泌されてくる。このインシュリンの働きにより食物か ら吸収されて血液に入ったブドウ糖が筋肉組織などへ取り込まれ、血糖が 一定値以上に上昇しないようになる。

しかし、このインシュリンによ る血糖低下作用が弱くなると、膵臓から分泌されるインシュリンの量が減少 したり、あるいはなんらかの原因で分泌されたインシュリンがうまく働 かなくなる。
この状態がいわゆる糖尿病である。実際、多くの糖尿病患者が、イン シュリンの分泌量が低下し、分泌されたインシュリンの効き方も弱くな っている。

糖尿病では、インシュリン作用の低下のため食事として摂取したブドウ糖 が筋肉などの細胞に入って行きにくくなるため、細胞内でエネルギー不足 をきたし、また、ブドウ糖はそのまま血液中にとどまり血糖が高くなり尿 の中に糖があふれ出るようになってくる。
さらに、ブドウ糖などの糖質だけ でなく蛋白質や脂質の利用まで障害されてくる。これらの結果、高血糖、 高脂血症(血液中の脂肪が異常に増加した状態)となり、それらにより血 管や神経が障害され、神経障害、網膜症、腎臓障害といった合併症を引き起こす。

糖尿病の症状としては、無症状のことも多いが、高血糖によるのどのかわ き・多飲・多尿、また細胞のエネルギー不足による体のだるさ・体重減少 などがあらわれることもある。

糖尿病は大きく二つに分類されている。

一つはいわゆる成人型と呼ばれる「インシュリン非依存型」である。肥満を基 本に発症するタイプはほとんどがこれである。
この型は膵臓からインシュリ ンが分泌されるのだが、身体の中で十分に作用しない状況が作られ、その ために血糖の調整がうまくいかずに糖尿病になる症状である。またインシュ リンの分泌そのものもある程度障害を受ける場合が多い。

もう一つは、膵臓からのインシュリンの分泌がほとんどなくそのために血 糖が極めて高くなるタイプである。若年発症の糖尿病に多く、ウィルス感 染などを契機に起こる場合もあり、「インシュリン依存型糖尿病」といわれてい る。

【原因】

一口に糖尿病といっても、糖尿病には原因に基づいていろいろな種類があ り、比較的遺伝しやすいものもあれば、全く遺伝しないものもある。

比較的遺伝しやすい糖尿病についても、実際何が原因なのか、いわゆる 糖尿病遺伝子の本体は、まだよくわかっていない。最近ではミトコン ドリア遺伝子の異常による糖尿病など4−5種類の糖尿病原因遺伝子がみつ かいるが、これらをすべて合わせても糖尿病全体のたかだか2−3% し か説明できないのが現状だ。

ただし、日本人は、白人と比べると肥満が軽度なのに糖尿病になる例が多い 事から、ほとんどの人が糖尿病になりやすい体質を持ち合わせていると考 えられ、注意が必要である。

また、日本人の食事は、本来、穀物が中心の低脂肪低カロリー食であり、 少ないカロリーを有効に使えるような体質であった。
ところが近年、食事 が欧米化し摂取カロリーが過剰になり、糖尿病が増える原因になったと考 えられている。

【対策】

糖尿病の基本治療は食事療法・薬物療法・運動療法がある。とりわけ食事 と運動は、車の両輪に例えられるほどに重要なものである。

食事療法の基本は、過食を避け、偏食せず、毎日規則正しく食べることで ある。バランス良く栄養素を摂り、食塩は控え目にする。高脂血症 になりやすくなるコレステロールや飽和脂肪酸(動物性脂肪)の摂り過 ぎに注意する。また、食後の血糖上昇を防ぎ、コレステロールの増加を防 ぎ、便通を良くする働きがある食物繊維を積極的に摂るようにしたい。

運動は週1回長時間行うよりも、毎日規則正しく、平均して一定量を続け ることが有効だ。また、糖尿病の人は一般の人よりも動脈硬化が進んで いると考えたほうがよいので、激し過ぎる運動は避けた方が良い。
だいた い1分間に80mくらいの速さの速歩を朝夕それぞれ30分間程度行うのが効果 的である。そして速歩の合間に体操や10分程度の静的な筋力トレーニング を取り入れるとよい。
筋力運動は、筋肉の中に蓄えられているグリコーゲ ン(糖)を燃焼させるため、インシュリンを必要としないで糖代謝を行うことになる。

毎日の運動の積み重ねと正しい食事療法が糖尿病対策には欠かせないといえる。

また、尿糖値を計測することによって、糖尿病の予備軍である高血糖状態かどうかを調べることが出来る。尿糖検査は、尿中に排泄される糖を測定する検査で、血糖の状態が反映されるのである。つまり、血糖値を直接測らなくても、尿糖を測ることによって血糖の状態を知ることが出来る。

尿糖の検査キットは薬局でも買えるし、尿試験紙などでは非常に手軽に検査が出来るので、糖尿病の疑いを持ったら、すぐに一度確認しておきたい。

>>内分泌疾患リンク集

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット

- PR -

Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved