HOME > その他 > 胆管炎

胆汁に細菌が感染する胆管炎

胆管炎

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

胆管炎とは、胆道の中の胆汁に細菌が感染した状態である。軽症であれば 抗生物質で治療を図る。食事を中止し、点滴から栄養。
痛みに対しては鎮 痛剤を投与する。総胆管結石を合併している場合、または保存的治療に反 応しない場合には、ばい菌の繁殖した胆汁を排泄させなければならない。
総胆管結石があると、胆汁の流れが滞り、胆道内の細菌の繁殖を促す結果 になる。早急に石を除去しなければならない。
とりあえずは、鬱滞した胆 汁を体外に排泄させる必要がある。

消化管内視鏡で胆汁が十二指腸に流れ込む入り口(乳頭部という)を確 認し、ここからチューブを総胆管内に挿入する。そのチューブを伝って、 胆汁が排泄されれば、とりあえず、細菌を体外に排泄する経路が確保され たことになる。

このときに使用するチューブには2種類ある。

一つはENBD チューブといわれるもので、長いチューブを総胆管に挿入し、そのまま体 の外までチューブを引っ張ってくる方法。チューブの一端は総胆管内に、 もう一端は鼻から身体の外に伸びている状態になる。胆汁はチューブを通 って、身体の外に排泄される。

もう1つはERBDというもので、総胆管が最 も狭くなる十二指腸への出口(乳頭部)に、短いチューブを差し込んで、 胆汁が十二指腸の方にたらたらと流れるようにするもの。しばらく入れた ままにしておく。

これらの処置で、胆汁の流れが確保されれば、炎症は改善していくこと が多い。
炎症が改善したところで、EST(内視鏡下で乳頭部を切開して広 げる)やEPBD(内視鏡下に乳頭部を風船を使用して拡張する)などの方法 で、狭い乳頭部を開き、石を身体の外に排泄させる。
バスケット鉗子など を使用して石をつまんで取ってくることもできる。炎症で胆のうに穴が開 いてしまったり(穿孔)、組織の破壊が強い場合には緊急開腹手術となる ことがある。

【原因】

胆嚢と胆管は、解剖学的にも交通があるため、炎症がもう一方に波及する ことも多く、症状が重篤化する原因にもなる。

胆道内への細菌感染は、十 二指腸から総胆管への上行性感染(じようこうせいかんせん)の形でおこ ること場合がほとんど。
とくに高齢者では、十二指腸の乳頭部にある括約 筋(かつやくきん)が弛緩(しかん)しやすいため、細菌が侵入して感染 がお起こる。

また、胃の手術などで胆嚢の収縮力が弱まり、胆汁(たんじゆう)が停 滞しやすくなることも原因となっている。また、炎症をおこすと考えられ ている化学物質には、胆汁の成分である胆汁酸などがあり、胆石が存在し なくておこってくる胆嚢、胆管炎の原因として考えられている。

【対策】

どうすればよいか-----日常生活上の注意
肝臓病の特効薬はまだ発見されていない。予防が第一。

食事療法
基本は、高蛋白、高ビタミン、高カロリー食で、脂肪は少な目にする。

運動制限
軽度上昇の時は特に制限の必要はないが、運動により肝臓の血液流量は減 少し悪影響を与えるので、中等度以上の上昇では、なるべく安静が必要と なる。

アルコール
基本的には、禁酒。アルコール性肝炎は、日本人では1日に日本酒で2〜 3合以上、またはビール大びん2〜3本以上の飲酒で、10〜20年で出 現する。通常γ−GTPの上昇がつづき、やがてGOT,GPTが上昇が 見られる。

脂肪肝の原因は栄養過剰、アルコール、肥満、糖尿病などがあり。予防や 治療にはこれらをなくすことが必要となる。 正常値より高い値を示した場合、原因、現在の病気、進行具合などを詳し く調べてもらう。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved