HOME > その他 > 慢性気管支炎

せきが激しくなり胸が痛い慢性気管支炎、痰の量が増しウミを含む慢性気管支炎

慢性気管支炎

【症状・説明】

気管や気管支には防御機構として、呼吸とともに侵入してくるほこりや細 菌を内側の粘膜が粘液を分泌し吸着させ、それを繊毛の運動で喉のほうに 押し出す(痰)作用がある。

慢性気管支炎は、気管や気管支が慢性的に炎症を起こし、粘性のある痰 が喉に押し出されにくくなり、咳や痰が続く病気のことである。

症状としては中年以降で、起床時に咳をともなった粘液性の痰を出す、 感染が加わると痰の量が増し、ウミを含むようになる。病状が進むと呼吸 困難や息切れを覚えることがある。

特に胸部レントゲンでは肺気腫、肺繊維症、気管支拡張症がなければ特 徴的な異常を示さないことも多い。ただ気管支造影では細かい変化を気管 支壁に変化を表すこともある。

【原因】

肺気しゅと同様、喫煙が大きな原因となる。その他に、加齢、ウイルスや 細菌などの感染、職業的な粉塵暴露、大気汚染などがあげられている。

たばこの煙、大気汚染、ほこり、刺激性の化学物質が呼吸と一緒に入ってく ると、その刺激がもとで粘液分泌が増加したり繊毛が減少してしまう。

また、老化によってもからだの防御機構としての働きが弱まって、増えてし まった粘性のある痰が喉に押し出されにくくなり、咳で痰を出すようにな ってくる。
このため、気管や気管支は弱くなり粘膜は咳き込んだ時にすぐ に傷ついてしまい炎症が深くなってくる。

【対策】

禁煙と感染予防が重要!禁煙は肺気しゅと同様、徹底的に行い、そ の他の感染については、少しでも症状、例えば痰が切れにくくなる、痰( たん)に色が付くなどしたら、早めに受診し抗生物質などで対応すること が必要になる。

日常管理
慢性気管支炎では、痰への対処療法が中心。包括的呼吸リハビリテーショ ンの考えにより、痰の除去、薬による気道閉塞の改善、ウイルスや細菌な どに感染した時の対処などが重要となる。

また、かぜにより急性増悪(急に悪くなること)を起こすことがあるが 、その場合には点滴や酸素療法による症状の改善が必要であり、入院治療 が必要となってくる。

生活習慣改善アドバイス
1. 喫煙は痰や咳を悪化させるので禁煙する
2. 気管や気管支を刺激するほこりや冷気を避ける
3. 食べ物も刺激物は避ける
4. 細菌感染を防ぐためになるべく人混みを避け、室内の換気を心がける
5.慢性気管支炎の人は、インフルエンザやかぜをひくとなかなか治りにくいので予防を心がけたい治療としては専門の内科、特に呼吸器内科で続けての治療と経過観察が必要になってくる

>>呼吸器科医学事典

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved