HOME > その他 > 尿道炎

尿道内に侵入しておこる病気尿道炎、体調を崩したとき菌が活動をはじめる尿道炎

尿道炎

【症状・説明】

細菌や各種微生物が尿道内に侵入しておこる病気である。
通常は、男性の みがかかるが、女性の場合は尿道が短いために、単独で尿道炎だけがおこ ることはきわめて少なく、通常、膀胱炎として治療されている。
病原微生 物の種類により、淋菌性尿道炎(淋疾あるいは淋病といわれる)、非淋菌 性尿道炎に区別される。

この背景としては、女性の場合(病名は腟炎や子宮頸管炎)、自覚症状が なかなか現れにくいため、早期に治療を受ける機会が少ないことや、また 近年における、性に関する考え方の変化なども影響しているといえる。
言 い換えれば、男性も含めて知らない間に、または何ら後ろめたいことなし に感染している不顕性の保菌者(厳密には菌ではない)が増加しているか らとも思える。

また、せっかく受診しても、治療により自覚症状は早々に消失するため、 完全に治りきらないうちに治療を中止してしまう例もよくみられ、このよ うなことなども関与しているかもしれない。

一方、性感染症とは呼べない尿道炎もある。元来、尿道の中にはある種の 細菌がすみついており、他の病気にかかったときや体調を崩したときなど、 菌が活動をはじめ、尿道炎を引きおこすこともある。

また、手術などで尿道にゴムのカテーテルなどの異物を入れているときや、 その後などにも、やはり尿道炎を起こすことがある。

【原因】

尿道に微生物が付着し、炎症をおこすことにより本疾患は成立するわけだ が、ほとんどの場合、性行為を媒介とする。性行為により感染する疾患を 総称して、最近では性感染症(STD)と呼び、尿道炎もこの中に含まれ てくる。

病気の性質上、感染経路を徹底究明するのは困難だが、特殊浴場などの 風俗関係従事者からの感染が多くみられている。しかし最近では、と くに非淋菌性尿道炎で、女性からの感染が激増している。

【対策】

性感染症の正しい知識を持つことが大切である。性行為をする以上、だれ でも感染する可能性がある。コンドームは性感染症を防ぐ最も有効な手段 である。コンドームの正しい使い方が重要である。

症状がある時、もしくは、不安がある時には、医療機関(泌尿器科、婦人 科、皮膚科)で診察を受けること。早期発見・早期治療につながってくる 尿道炎の原因のいくつかは、衛生に気をつけることと、安全な性行動、例 えば性的パートナーをひとりに限定、およびコンドームの使用を実行 することで避けられる。

抗生物質の服用で10日程度で完治してくる。ただし、治療が遅れること で前立腺炎、精巣上体炎、子宮内膜炎などを引起こすことがあるので、早 期治療が重要となってくる。

尿道炎(膀胱炎)の悩み解消に、『クランベリー』がお奨め

違和感や痛みが増してきて、慢性的に陥り易い尿道炎(膀胱炎)。
抗生物質で一旦は辛さを治めることはできても、できることなら、
尿道炎(膀胱炎)を治癒・予防して、尿道炎(膀胱炎)の悩みから開放されたいものです。

『クランベリー』が尿道炎(膀胱炎)の悩み解消に豊富な実績があること、 ご存知でした?

『クランベリー』の優れた抗菌作用・殺菌作用が、
感染菌の増殖、尿道炎(膀胱炎)の発症を防いでくれます。
また、腎臓疾患の症状改善や高齢者の尿臭の軽減にも、
『クランベリー』がとても嬉しい役割を果たしてくれます。

『クランベリー』には、尿道炎(膀胱炎)の辛い症状の緩和だけでなく、美肌効果や、インフルエンザの予防効果もあり、その優れた薬効作用から、アメリカでは、多くの女性の生活必需品として定着しています。

日本でも、最近になって、患者の自然治癒力を重視して、抗生物質の処方よりも、副作用の心配の無い、自然の恵み『クランベリー』を奨める医師が徐々に増えてきており、‘尿道炎(膀胱炎)には『クランベリー』’の浸透が進んできています。

『クランベリー』の効能効果について、詳しくお知りになりたい方は、以下のサイトをご覧ください。

クランベリーの効能効果について、詳細はこちら

>>泌尿器科医学事典
>>性感染症(STD)の全て

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved