HOME > 食材の栄養 > 椎茸

椎茸 レンチナン(β−グルカン) エリタデニン エルゴステロール カリウム 食物繊維

椎茸

椎茸

椎茸の栄養素(食材100g当たり)

・食物繊維が3.5g
・鉄が4.0mg
・カリウムが280mg
・ビタミンB1が0.64mg
・ビタミンB2が0.19mg

椎茸の健康効果

椎茸(シイタケ)は、日本や中国で代表的なキシメジ科のキノコで、最も身近な食用キノコである。 椎茸は、生のものより干し椎茸の方が栄養価が高く、味も美味しいと言われている。椎茸には、キノコ類特有のレンチナン(β−グルカン)やエリタデニンという成分が含まれている。

レンチナンには、抗腫瘍作用があることで知られ、がんの発生・進行を抑えるリンパ細胞を活性化させる作用や、風邪などのウイルス性の病気に対して抵抗力をつける作用があると言われている。
エリタデニンには、血圧や血中コレステロールを下げる作用により、高血圧・高脂血症・肥満を防ぐ効果がある。

また椎茸には、エルゴステロールという紫外線(太陽光)に当たるとビタミンDに変わる成分が含まれ、干し椎茸のほうがこの成分を多く含む。 ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症を防ぐ作用がある。さらに椎茸には、食物繊維も豊富に含まれており、腸のぜん動運動を高めて便通を促すほか、高血圧予防、腸内に発生する発がん物質の排泄などの効果も期待できる。

他にも椎茸には、ビタミンB1・B2が野菜類の約2倍多く含まれ、カリウム・亜鉛・鉄などのミネラル成分もバランス良く含まれており、しかも低カロリーである。椎茸は健康に、ダイエットに効果的な食材といえる。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved