HOME > 食材の栄養 > 落花生(ピーナッツ)

落花生(ピーナッツ) ビタミンE オレイン酸 リノール酸 食物繊維 ポリフェノール

落花生(ピーナッツ)

落花生(ピーナッツ)の栄養素(食材100g当り)

・カルシウムが50mg
・ビタミンEが12.2mg
・ビタミンB1が0.85mg
・食物繊維が2.9g

落花生(ピーナッツ)の健康効果

落花生(ピーナッツ)は、南京豆とも呼ばれ、栄養価の高い成分を数多く持つ健康食材である

落花生には、不飽和脂肪酸であるオレイン酸・リノール酸が豊富に含まれおり、これらの脂肪酸は、コレステロールを抑制する作用があり、肥満の防止に役立つ成分である。

また、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やすオリゴ糖や、便通を促し、血糖値の上昇を抑える働きがある食物繊維など、がん・動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病を予防する成分が豊富に含まれている。落花生は、まさに現代人の健康問題を解決する機能性食品といえる。

また落花生は、「抗酸化ビタミン」「若返りビタミン」とも呼ばれるビタミンEが豊富で、美肌効果や老化防止に働く。 子供の成長に欠かせないビタミンB1、アルコールの代謝促進に効果的な働きをするナイアシンなど、落花生はビタミン類も豊富に含んでいる。

さらに落花生には、ミネラル成分もバランス良く含まれ、マグネシウムやカルシウムは丈夫な骨を作り、亜鉛は味覚形成に必要不可欠だ。近年、落花生の種皮には、話題の成分ポリフェノールが多量に含まれていることが分かり、その活性酸素抑制効果によりがんをはじめとする多くの病気の予防に効果があるといわれている。 こちらは、成分を抽出・加工した健康食品として摂るのがおすすめである。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved