J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 胃酸過多症 (いさんかたしょう)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_4.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_4.html on line 43

胃酸過多症 (いさんかたしょう)

胃酸過多症(いさんかたしょう)は、文字通り胃酸の分泌が多すぎる病気である。病気とはいえ、正確には症状と呼ぶほうが近い。

【原因 Cause】
睡眠不足や過食、過労など、胃に負担をかけることで起こる。あるいは胃腸の病気(胃炎、潰瘍、へルニア等)も原因となりうる。

【症状 Symptoms】
・胸やけ、胃もたれ、げっぷ
・胃液の逆流など、酸の多い症状が見られる。

【治療 Treatment】
胃への負担を避けること。刺激物の摂取や過労にならないように気をつける。



胃酸(いさん、Gastric acid)は、胃液に含まれる強い酸性の消化液のこと。
化学的にはpH1~2の塩酸で、胃内を一定以上の酸性に保ち、食物の消化、および食物と一緒に体内に取り込まれた各種の菌の殺菌を行う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』