J-Medical 医学事典

トップページ >  > ベーチェット病・シェーグレン症候群・フェルティ症候群


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2006/06/post_831.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2006/06/post_831.html on line 43

ベーチェット病・シェーグレン症候群・フェルティ症候群

目次

ベーチェット病

ベーチェット病は、目や口腔粘膜、外陰部の皮膚に炎症が起きるものである。

原因
Cause
膠原病の一種とされ、免疫異常が原因と見られているが、まだはっきりと判明していない。
症状
Symptoms
・口内に潰瘍性病変
・目に膿が溜まる
・外陰部に潰瘍
・顔、指、胸の発疹
静脈、動脈、関節、腸管等に進行すると、四肢麻痺や血栓性閉塞、下血等、重い症状になる。
治療
Treatment
免疫抑制剤、副腎皮質ホルモン剤、消炎鎮痛剤等を使い、対症の外科治療を実施することもある。

ページのトップへ ▲

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群は、全身の外分泌腺の炎症で、涙、唾液分泌が低下するものである。

原因
Cause
免疫異常によって起こる、膠原病のひとつであるが、はっきりした原因は不明である。
症状
Symptoms
・乾燥症状・・・目のごろつき、目ヤニ、口の渇き、唾液が出ない
・耳下の腫れ(急性唾液腺炎)
・移動性関節痛
治療
Treatment
人工涙液、人工唾液を使う。非ステロイド系消炎鎮痛剤で関節痛を治療する。

ページのトップへ ▲

フェルティ症候群

フェルティ症候群は、長期の慢性リウマチによって種々の症状が起こるものである。

原因
Cause
慢性リウマチが長引いて、脾臓、リンパ節の腫れや、白血球減少、貧血等が起きるのが原因となる。
症状
Symptoms
・発熱
・倦怠感
・体重減少
完治しにくい感染症が起きることもある。
治療
Treatment
免疫抑制剤、副腎皮質ホルモン剤を使用し、手術をする場合もある。

ページのトップへ ▲ ベーチェット病(Behçet's disease, Behçet's syndrome)は、再発・寛解を繰り返す原因不明の慢性疾患で、自己免疫疾患の一つ。古典的な膠原病には含まれないものの、膠原病類縁疾患と呼ばれる。近年、その本体は血管炎であると考えられている。 シェーグレン症候群(Sjögren syndrome)とは、自己免疫疾患の一種であり、涙腺の涙分泌を障害、唾液腺の唾液分泌などを障害する。40~60歳の中年女性に好発し、男女比は1対14である。シェーグレンとは、スウェーデンの眼科医の名前である。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』