J-Medical 医学事典

トップページ >  > 移植片対宿主病・ウェゲナー肉芽腫症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2006/06/post_828.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2006/06/post_828.html on line 43

移植片対宿主病・ウェゲナー肉芽腫症

目次

移植片対宿主病

移植片対宿主病は、免疫抑制療法を受けている人や、白血病、先天性免疫不全の人が、骨髄移植や輸血を受けて、臓器障害が起こるものである。

原因
Cause
移植骨髄や輸血血液が身体内部を攻撃することで、臓器障害が起こる。細菌、ウイルスの感染症を併発する場合もある。免疫機能がなくなるためである。
症状
Symptoms
膠原病と症状が似ている。
・発熱
・紅斑
・肝機能障害
・黄疸
・発疹
・口内炎
・角膜炎
・大腸、食道障害
・肝臓障害
治療
Treatment
免疫抑制剤、副腎皮質ホルモン剤等を服用し、これ以外に予防措置もとる。

ページのトップへ ▲

ウェゲナー肉芽腫症

ウェゲナー肉芽腫症は、気道からの異物にアレルギーが起き、口、鼻、肺、腎臓等の血管に炎症が起きるものである。

原因
Cause
血管の炎症から、さらに血管壁が破裂し、肉芽腫という腫瘍性の細胞のかたまりができる。多臓器性疾患で、とくに40~50代に多い。
症状
Symptoms
・鼻汁
・鼻出血
・副鼻腔炎
・咽喉炎
・せき、たん、呼吸困難(肺)
進行により、心臓、腎臓、皮膚、目、神経にも症状が出る。
治療
Treatment
緊急に治療しないと、生命に危険がある。副腎皮質ホルモン剤、免疫抑制剤を使う。

ページのトップへ ▲

移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう、graft versus host disease; GVHD)とは臓器移植に伴う合併症のひとつ。 移植片(グラフト)にとって、レシピエント(臓器受給者)の体は異物である。GVHDとはドナー(臓器提供者)の臓器が、免疫応答によってレシピエントの臓器を攻撃することによって起こる症状の総称である。 混同されることがある病態として、いわゆる拒絶反応がある。拒絶反応はレシピエントの免疫応答によってドナーの移植片が攻撃されることによる合併症の総称であり、GVHDとは、攻撃する側と攻撃される側が反対である。 ウェゲナー肉芽腫症(Wegener's granulomatosis)は全身性の血管炎で、もっとも小さい血管を傷害する。鼻やのどの傷害からはじまるので最初は風邪のようでもあるが、急速に間質性肺炎、急速進行性糸球体腎炎をきたす。したがって症状は、咳、呼吸困難、浮腫などである。軽度の発熱もおこる。鼻に関しても内部構造が破壊され、つぶれて鞍鼻を呈することがある。眼球突出、ぶどう膜炎、角膜潰瘍など眼科的疾患も起こることがある。そのほか皮膚(有痛性紅斑)、神経、脳をおかしうる。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』