J-Medical 医学事典

トップページ >  > 食物アレルギーの食事療法


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_829.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_829.html on line 43

食物アレルギーの食事療法

食物アレルギーの食事療法では、何がアレルゲンとなるかの見極めが大切である。

【食事のポイント】

●加工食品は食べない
 加工食品には、アレルゲンとなる卵、牛乳が含まれる場合がある。

●アレルゲンが何かを見極める
 アレルゲンは、卵、牛乳、魚介類に多い。アレルゲンを含む乳製品を食べない等の徹底が必要である。

●加熱したものを食べる
 生や古くなったものは、アレルギー反応を引き起こしやすい。

【アレルギー】
アレルギーとは、体が外界の様々な刺激に対して、正常ではない変わった反 応を示す状態をいう。 通常、人は魚を食べてもなんともないが、なかには 魚を食べると下痢やじんま疹などのアレルギー症状をおこす人がいる。こ のようにアレルギーがおこるのはある限られた体質の人に多く、これをア レルギー体質という。

人間は体には、自分のからだにないもの、なじまないもの(異物)を見分 ける力が備わっている。体の中に異物などの「抗原」が侵入してくると、 「抗体」を作って排除しようとする。この働きが免疫反応で、抗原を無害 化する。

しかし、なかには抗原と抗体が反応して、異常に過敏な症状があ らわれることがある。これがアレルギー反応である。

【医学健康情報・j-medicalより】