J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 急性膵炎の食事療法


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_818.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_818.html on line 43

急性膵炎の食事療法

急性膵炎は、腹と背に痛みがある

【食事のポイント】
●急性期には絶食する
 絶食、水も絶ち、膵臓を休める。

●脂肪を制限する
 肉、魚をはじめ、植物油もとらない。

●タンパク質を制限する 
 急性期には1日10グラム以下にし、回復後に50グラム程度に戻す。

●ビタミンC、E、ミネラルをとる
 肝臓機能の回復をする。




【膵臓がん】
膵(すい)臓は体の奥深くで胃の裏側に横たわっている長さ十五センチ、幅三センチ、厚さ二センチぐらいの横に細長い臓器である。膵臓は、頭部、体部、尾部の3部に分けられる。膵臓がんの7割が膵頭部に、残り3割が体部と尾部に発生する。

膵臓がんは、男女を問わず、近年増加している。膵臓が体の奥深くにあるため、検査がしにくく、特有の症状が現れにくいため、早期発見が簡単にはできない、治療困難ながんの一つとなっている。

【医学健康情報・j-medicalより】