J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 急性肝炎の食事療法


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_814.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_814.html on line 43

急性肝炎の食事療法

急性肝炎では、食事によって破壊された肝細胞の修復を図る必要がある。

【食事のポイント】
●薄味、高タンパク、十分なエネルギーの食事にする
 細胞修復のためだが、肥満にならないようにする。

●亜鉛とビタミンを十分摂取する
 緑黄色野菜で、肝臓機能の正常化をし、玄米、レバ、ナッツ等中の亜鉛で細胞再生をする。




【肝炎】
肝炎は、肝臓の炎症による病気で、主にウイルスの感染によって起こる。 ウイルスの種類によって、A型、B型、C型に分けられる。

また、急性の時 期のものを急性肝炎、発病後5~6か月たってもなおらないものを慢性肝 炎という。どの型の肝炎でも症状は大体同じである。通常、よく見られる 症状は、全身がだるい、疲れる(全身倦怠感)、軽い腹痛がある、吐き気 がする、嘔吐する、食欲がない、熱が持続する、腹が張る、皮膚が痒い、 クモ状血管などが挙げられる。

【医学健康情報・j-medicalより】