J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 高脂血症の食事療法


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_807.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_807.html on line 43

高脂血症の食事療法

高脂血症は、血中に中性脂肪、コエステロールが増加してしまうものである。

【食事のポイント】
●脂肪分を減少させる
 1日の摂取エネルギーの4分の1程度まで、飽和脂肪酸、コレステロールを含む食品を減らす。

●植物性タンパク質と食物繊維を積極的にとる
 脂肪代謝を促進する。

●ビタミンEやエイコサペンタエン酸を摂取する
 植物油のビタミンEは血管の脂肪排出の作用がり、青身魚中のエイコサペンタエン酸は脂肪分解作用がある。



【高脂血症とは 医学健康情報・j-medicalより】

高脂血症とは、血液中に溶けている脂質の値が必要量よりも異常に多い状態 をいう。高脂血症は、血中脂質が異常に増加してもほとんどの場合におい て自覚症状がないのが特徴である。血中脂質にはコレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸などがあ り、血液中に多い脂質の種類により高脂血症のタイプが決まってくる。

高脂血症は一般に血中の総コレステロール値が220mg/dl似上の場合を 指している。 (ただし、閉経後の女性は同年代の男性に比べて20mg/dl 高い240mg/dl以上)この10年間で高脂血症の割合は1.5~2倍に増え、 40歳以上の男女とも20~30%となっている。

コレステロールが高いだけでは、ほとんど何も認識することができず、あ る日突然、死に直面するような病気を突きつけられる。その引き金となる のが、高コレステロールのもたらす動脈硬化である。