J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 痛風の食事療法


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_806.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_806.html on line 43

痛風の食事療法

痛風は、血中の尿酸値が高まることで起きる。

【食事のポイント】
●野菜、海藻をたくさんとる
 海藻、豆類、野菜等で血液の酸性化を防ぎ、尿酸の排出を促す。

●バランスの良い食事をする
 動物性タンパク質のとりすぎない等で、バランスの良い食事をし、肥満しないようにする。

●節酒する
 酒により、尿酸の排出が阻害される。水分のみを十分に摂取する。



【痛風とは フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用】

痛風(つうふう、gout)とは高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患である。名称は、「風が吹くだけで痛い」ことからきた命名とされる。関節に激烈な痛みがおこり、発熱を伴う。体温の低い部位ほど尿酸が析出し易いため、痛風発作は足趾(母趾)に好発する。最初に痛む部位は大抵、足の親指の第二関節である。病状が進むと足関節、膝関節まで進行する。痛みの程度は極めて強く、「風が吹いても痛い」と云われるほど人間に起こる最も強い痛みを起こす疾患の一つである。発作を繰り返すたびに症状は増悪する。発作の痛みは骨折の痛み以上といわれ非常に苦痛を伴う。