J-Medical 医学事典

トップページ > 整形外科 > 骨粗しょう症の食事療法


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_805.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_805.html on line 43

骨粗しょう症の食事療法

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶出してしまうもので、食生活が要因である。

【食事のポイント】
●カルシウムを十分にとる
 乳製品、大豆類、青菜等からとる。

●タンパク質を十分とる
 タンパク質はカルシウムの吸収を促す。1日80グラム程度がとるようにする。

●ビタミンDを豊富に摂取する
 カルシウムの溶出防止、吸収補助のためである。シイタケ、魚に含まれる。



【骨粗鬆症とは 医学健康情報・j-medicalより】

骨粗鬆症(骨粗しょう症)とは、カルシウム不足から骨の密度が減少し、 骨がスカスカになり折れやすくなる病気の事である。現在の日本では約5 00万人もの骨粗鬆症の患者がいるといわれている。また性別に見る と女性に多く50歳代で21%、60歳代で48%、70歳代で67%、 80歳代では84%もの高率で起こっている。全身の骨が骨折しや すくなるが、とくに負担のかかりやすい"太ももの骨の付け根"(大腿骨頸 部)や"背骨"(脊椎)の骨折がおこりやすくなってくる。

大腿骨頸部骨折はもちろんのこと、脊椎の圧迫骨折も脊髄(せきずい:脊椎の中を走る神経)を圧迫するために歩行障害などを引き起こし、「寝た きり」の大きな原因となっている。現在約90万人はいるといわれている 寝たきりの方の原因の3番目が、骨粗鬆症による骨折である。高齢者で、 腰が曲がったり、背が縮んだりしている方をみかけることがあるが、これ も骨粗鬆症が原因と考えられる。


【PR 】 美容整形・プチ整形