J-Medical 医学事典

トップページ > 循環器内科 > うっ血性心不全


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_800.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_800.html on line 43

うっ血性心不全

うっ血性心不全は、体液が溜まるので水分を増加させないようにする。

【食事のポイント】

●タンパク質をたくさんとる
 タンパク質の消耗が激しいため、魚肉、大豆等で補給する。

●ビタミン、ミネラル、タウリン、カリウムを摂取する
 果実、緑黄色野菜、芋類に含まれるタウリン、カリウムは心筋収縮力を強化し、塩分による血圧上昇を抑える。

●酒、コーヒーを少なくする
 心拍数の増加で心臓に負担となる。

●塩分量を減らす



心不全は、心臓が、全身が必要とするだけの有効な循環血漿量を保てないことを表す概念であり、そのような病態となるに至った原因は問わない。
心不全という語は、以前、死因が不詳である場合に死亡診断書に記載される死因として頻繁に採用されていた。脳死という特殊な状況を措けば、人間は死と宣告される際には当然心臓が停止しているのであるから、死亡の直前には心不全と言える状態が、確かにあったと言えよう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』