J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 胃・十二指腸潰瘍の食事療法


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_799.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_799.html on line 43

胃・十二指腸潰瘍の食事療法

胃・十二指腸潰瘍は、胃・十二指腸の内側粘膜が炎症を起している。

【食事のポイント】
●ビタミンA、B、C、Uを摂取する
 ビタミンは胃粘膜を良好にし、キャベツ等のビタミンUは潰瘍から粘膜を保護する。

●香辛料、嗜好品をとらない
 塩分、酒、タバコ等は胃液の分泌を促進してしまう。

●消化の良い食事にする
 海草、きのこ等植物繊維の多いものは、消化が悪いので避ける。

●規則正しく食事をとる
 空腹により粘膜が刺激を受けるので、三食きちんととる。

●絶食、流動食
 痛み、吐き気のあるときは、絶食、流動食にする。



十二指腸は、胃の幽門から続く小腸の最初の部分である。膵頭部を囲むようなC字型をしている。長さは約25cm程度で、指を12本横に並べた長さであることから十二指腸と呼ばれる。十二指腸は口側から、上部、下行部、水平部、上行部の4部に分けられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』