J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 胃炎の食事療法


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_797.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_797.html on line 43

胃炎の食事療法

胃炎は、とくに食生活の欠陥が大きな誘引である。

【食事のポイント】
●消化のよい食事にする
 消化がよく、薄味の食事で、胃に負担をかけないようにする。

●香辛料、嗜好品は制御する
 コーヒー、炭酸飲料、辛いもの等は、胃酸の多い人が少なく、少ない人は多くする。

●(急性)流動食で胃を休める
 絶食から流動食によって、胃を休める。

●禁酒、禁煙をする



【慢性胃炎とは 医学健康情報・j-medicalより】

慢性胃炎は、胃粘膜や胃液分泌腺が萎縮する病気で、胃がん、胃・十二指 腸潰瘍などの病気に伴って起きる「随伴性慢性胃炎」と、ほかの病気もな く炎症だけが起きる「特発性慢性胃炎」との2種類がある。

おもな症状は、胃もたれ感や胸やけ、げっぷ、鈍い胃の痛みなどだが、中 には、食欲不振や全身倦怠感を訴える人、吐き気や嘔吐、吐血などに悩ま される人もいる。このような症状は、胃粘膜が萎縮し変化していく過程で、 炎症が起きたり、びらんができるために起こる。これらの症状が何年も続 くと、精神的な不安感が起こり、それが頭痛や不眠などの神経的症状を引 き起こすこともある。