J-Medical 医学事典

トップページ > 呼吸器科 > 気管支喘息の食事療法


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_796.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_796.html on line 43

気管支喘息の食事療法

気管支喘息の原因であるアレルギーを食事でも意識する。

【食事のポイント】
●抗原(アレルゲン)を含む食品を食べない
 卵、牛乳、牛肉、鶏肉等、抗原となってアレルギー発作を起こす食品を避ける。

●カルシウム、ビタミンCを摂取する
 不足により気管粘膜が敏感になり発作が起きやすいので、積極的にとる。

●肉、甘いものを食べすぎない
 肉、甘いものの食べすぎで、発作が起きやすくなる。



【喘息とは 医学健康情報・j-medicalより】
喘息は、喘(あえ)ぎ、息(いき)をする病気である。ヒューヒューゼー ゼーと笛が鳴るような呼吸音(喘鳴=ぜんめい)が特徴で、夜中や明け方 に咳こむことが多い。発作的に喘鳴が出現し、息苦しさを感じたりする。 このような発作がくり返し起こってくる病気、それが喘息である。

ただし、心臓の疾患が原因で 起こる心臓喘息、小児での喘息様気管支炎、高齢者に起こる肺気腫、慢性 気管支炎などの原因で、気管支がヒューヒューゼーゼーいう場合とは区 別されている。また、発作がなく、咳だけが出る喘息を咳喘息(せきぜん そく)という。