J-Medical 医学事典

トップページ > 小児科 > 消化性潰瘍


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_783.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_783.html on line 43

消化性潰瘍

消化性潰瘍は、精神的ストレスによって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こすものである。小学生以上の子供に多い。

【症状 Symptoms】
・食欲不振
・上腹部に不快感、痛み
・出血

【治療 Treatment】
薬物療法や手術をする。



胃潰瘍(消化性潰瘍)が疑われた場合、直接胃潰瘍を証明するには、通常上部消化管内視鏡検査(俗に胃カメラ)が行われることが多い。内視鏡検査の最大の利点は、出血していれば即治療が可能なことである。
もちろん、全身状態の把握や、合併症の有無、除外診断の目的で、血液検査や単純レントゲン写真、腹部超音波検査(エコー検査)などを組み合わせて行う場合もある。
バリウム造影レントゲン検査は、穿孔などの合併症がある場合には禁忌であるので、症状が強い場合などには臨床の場で行われることは極めて少ない。検診では使用されることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』