J-Medical 医学事典

トップページ > 小児科 > ポリオ(急性灰白髄炎)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_780.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_780.html on line 43

ポリオ(急性灰白髄炎)

ポリオは、ウイルス感染によって、脊髄神経の灰白質部分が病変を起こすものである。

【原因 Cause】
ポリオウイルスの感染が原因で起こる法定伝染病である。

【症状 Symptoms】
潜伏期間は1~2週間である。

・発熱、頭痛
・手足の麻痺

悪化すると死亡する場合もある。

【治療 Treatment】
かつては、幼児に多発したが、予防接種によって、発症は減少した。海外に行く場合は予防接種をする必要がある。



【予防】
日本では生ワクチンの服用が最大の効果があるとされている。(欧米では安全性の高い不活性ワクチンが多数派) 衛生や栄養状態の向上で、感染率が下がったという説もある。 米国では近年、弱毒生ポリオワクチンが認可取り下げになり、不活化ワクチンのみになった。 欧州では、州によりまちまちだが、不活化ワクチンへの移行中であると理解して良いだろう。生ワクチン2回+不活化2回が一般的である。 ポリオの常在国は2006年現在で4カ国、その他の地域でも散発的に発生している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』