J-Medical 医学事典

トップページ > 小児科 > 未熟児貧血


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_776.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_776.html on line 43

未熟児貧血

未熟児貧血は、体重2000グラム以下で出生した未熟児のほとんどが罹患する貧血である。

【原因 Cause】
身体の成長に造血作用が追いつかないために起こる。

【治療 Treatment】
最近はエリスロポエチン(赤血球増殖因子)注射をする。数ヶ月で治癒するが、鉄欠乏性貧血を起こす場合があるので、鉄剤を使用する。



未熟児(みじゅくじ)とは、早産などで出生時の体重が2500g未満の低出生体重児のことである。 しかし、妊娠高血圧症候群による子宮内発育遅延の場合など、出生体重が小さくても在胎週数が長い場合、出生した児は「未熟」とはいえない。「未熟」というためには呼吸機能、哺乳能力、神経学的所見など児に備わった生命機能が、胎外での生活に十分適応できるかどうかを評価すべきだからである

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』