J-Medical 医学事典

トップページ > 精神科 > 薬物依存症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_769.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_769.html on line 43

薬物依存症

薬物依存症は、薬物を長期に繰り返し使用することで、その薬物なしではいられない状態になるものである。

【原因 Cause】
原因となる薬物は、アヘン、コカイン、覚せい剤、睡眠薬等の有機溶剤等が多い。薬物を使用すること自体が快感となるものである。

【症状 Symptoms】
・無気力、不活発
・禁断症状・・・幻覚、被害妄想
・自律神経失調症

【治療 Treatment】
向精神薬を使い、精神療法を行う。薬物使用をやめるのが一番である。



心理療法(しんりりょうほう、Psychotherapy)とは精神疾患の治療、心理的問題の解決、あるいは精神的健康の増進を目的とする理論・技法の体系を心理療法という。臨床心理学の分野においては心理療法、精神医学の分野においては精神療法と呼ばれるが、実際には同じものを指している。明治以降の西洋学問の輸入において、同じpsycheという外国語が、医学では「精神」と、心理学では「心理」と訳されたからである。ただその手法を使用する人の資格と利用の意味合いがかなり異なる。

心理療法を行う者はカウンセラー、セラピスト、治療者などと呼ばれ、心理療法を受ける者は、クライエント、患者、来談者などと呼ばれる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より