J-Medical 医学事典

トップページ > 精神科 > 脳血管性痴呆


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_767.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_767.html on line 43

脳血管性痴呆

脳血管性痴呆は、脳血管の出血、梗塞によって起こる痴呆である。

【原因 Cause】
原因は重篤の脳出血や、一時的な失神、頭痛等の繰り返しである。

【症状 Symptoms】
・まだら痴呆
・感情の激化

【治療 Treatment】
脳の代謝、循環改善の薬物を使う。血圧コントロール、バランスの良い食生活、適度な運動も不可欠である。



【痴呆とは 医学健康情報・j-medicalより】
老人の脳の老化には、生理的な老化(老人ぼけ)と病的な老化(痴呆)がある。老人ぼけでは、痴呆とは異なって、老人は自分の記憶の低下を自覚しているが、痴呆(脳血管性痴呆)では判断や理解についても障害があり、日常の生活にも支障をきたすようになる。

症状としては知能の低下、記憶の障害、性格の変化などが現れる。特に痴呆のうちでもアルツハイマー病では、物忘れがひどくなって、初めて気づくことがほとんどだ。
極端にいうと、アルツハイマー病では、過去に知っていた事柄を思い出せなかったり、新しい出来事も覚えられなくなるなどの障害が、認められるようになる。

アルツハイマー病は年々増加し、高齢者以外でも50代の比較的若い時期に発症する人も増えている。