J-Medical 医学事典

トップページ > 精神科 > 感応精神病


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_764.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_764.html on line 43

感応精神病

感応精神病は、精神障害者の身近にいる人が、患者の症状に感応して起こる。

【原因 Cause】
精神病患者の家族や友人等に起こる。集団ヒステリーも同様にして起こる。

【症状 Symptoms】
・被害妄想
・集団ヒステリー・・・興奮、恍惚、失神、けいれん

【治療 Treatment】
患者からの隔離で、ほぼ治癒する。薬物療法の場合もある。



精神疾患(せいしんしっかん)とは、脳(および「心」)の機能的・器質的障害によって引き起こされる疾患をいう。統合失調症や躁うつ病といった重度のものから、神経症(この用語は正式な疾患名としては用いられなくなりつつある)、パニック障害、適応障害といった中、軽度のものまでの様々な疾患を含む。また、精神の変調が髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もある。いわゆる広義の精神疾患については「概要」を参照のこと。

精神疾患の治療を担当するのは主に精神科・神経科であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より