J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > 更年期障害


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_762.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_762.html on line 43

更年期障害

更年期障害は、女性の老年期への移行期に起こる、種々の精神的、肉体的症状のことである。

【原因 Cause】
40代半ばから50代半ばの間に、卵巣機能が低下し、閉経となるのが原因である。また、この年代が抱える家庭環境の変化や夫婦不和、子供の問題等の心理的ストレスが誘引となる。

【症状 Symptoms】
不定愁訴が起こる。これは、器質的疾患なく自覚症状を訴えるものである。

・熱感、動悸、肩こり、頻脈、遅脈、冷え性、血圧の高低等
・頭痛、めまい、不眠、耳鳴り、抑うつ、集中力低下等
・腰痛、関節痛、筋肉痛等
・しびれ、知覚過敏、知覚鈍麻等
・頻尿、不正出血、性交障害等
・発汗、口内乾燥、唾液分泌過剰等
・吐き気、食欲不振、下痢、便秘等

【治療 Treatment】
まず不定愁訴なのか、原因疾患があるのかを確認する。軽症は治療の必要はない。症状が重い場合は、ホルモン補充療法、漢方療法や心理療法を実施する。規則正しい生活、バランスの良い食事も有効である。



めまい、急な動悸、冷や汗が出る、緊張するようなところではないのに脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、耳鳴りがする、腹痛、下痢、微熱、そのほか女性の場合は生理不順、男性の場合は勃起不全(ED)といった生殖器症状が出現する。
精神症状
情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。
いずれも心身症の様相を呈することが多く、症状の強弱には精神的要素が大きくかかわってくる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』