J-Medical 医学事典

トップページ > 婦人科・産婦人科 > 骨盤腹膜炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_756.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_756.html on line 43

骨盤腹膜炎

骨盤腹膜炎は、菌感染の炎症の波及によって起こるものである。

【原因 Cause】
大腸菌、ブドウ球菌、クラミジア等の菌感染による、子宮内膜症や卵管炎、虫垂炎等の炎症の広がりで、二次的に起こる。

【症状 Symptoms】
・激しい下腹部痛
・高熱、寒気、ふるえ、吐き気、嘔吐、下痢、便秘
・(慢性期)・・・癒着による下腹部のひきつり、鈍痛、腰痛

【治療 Treatment】
抗生物質、消炎・鎮痛剤等の治療をする。

骨盤(こつばん、pelvis)は大腿骨と脊柱の間で体を支える、強固に一体化した一群の骨の解剖学的名称である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』