J-Medical 医学事典

トップページ > 耳鼻咽喉科 > 咽喉頭異常感症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_717.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_717.html on line 43

咽喉頭異常感症

咽喉頭異常感症は、咽頭、喉頭、食道に異物感を抱くものである。

【原因 Cause】
実際の炎症等はなく、重病ではないか、等の誇大な不安が原因となる場合がほとんどである。

【症状 Symptoms】
・つかえ感、刺さっている感じ、引っ張る感じ

【治療 Treatment】
検査で罹患していない確認をとるのが最も有効である。心理療法をする場合もある。



喉頭(こうとう、larynx)とは、咽頭と気管の狭間にある臓器であり、甲状軟骨に囲まれた円筒状の臓器。体表からは、のど仏として触れることができ、嚥下時には上下に移動する。嚥下時の食物の気管や肺への流入(誤嚥)の防止、発声などの機能を持つ。嚥下時に、喉頭蓋は後方に倒れ込み、声門が閉鎖することにより、喉頭に食物が入り込む事を阻止する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』