J-Medical 医学事典

トップページ > 眼科 > 雪眼炎・電気性眼炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_692.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_692.html on line 43

雪眼炎・電気性眼炎

雪眼炎・電気性眼炎は、雪の反射や電気によって角膜がやけどの状態になるものである。

【原因 Cause】
原因は雪に反射した紫外線や、電気溶接、殺菌灯の光に長時間さらされることである。

【症状 Symptoms】
・眼のごろつき
・まぶしい
・見えにくい
・結膜の充血、角膜の傷
・強い痛み

【治療 Treatment】
ヒアルロン酸を点眼する。



角膜 (かくまく) は、眼球の前面を覆う透明な膜である。
概要
直径は約12mm、厚さは中央部が約0.5mm、周辺部が約0.7mm。角膜には目に光を取り入れる窓の役割があるほか、光を屈折させて水晶体とともに目のピントを合わせる働きがある。また角膜表面は常に涙で覆われ、乾燥と眼球内部への細菌感染を防いでいる。
発生学的には、角膜は顔面の上皮に由来する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』