J-Medical 医学事典

トップページ > 眼科 > 水晶体偏位・水晶体脱臼


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_689.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_689.html on line 43

水晶体偏位・水晶体脱臼

水晶体偏位は、水晶体の位置がずれるもの、水晶体脱臼は前後に落ちてしまうものである。

【原因 Cause】
外傷等による後天的なものと、先天性の原因とがある。

【症状 Symptoms】
・二重に見える
・見えにくくなる
・緑内障の合併・・・目の痛み、充血

【治療 Treatment】
瞳孔を広げる散瞳薬の点眼等をする。重症の場合、水晶体摘出手術をすることもある。



水晶体(すいしょうたい)は、人間の目の中にある組織。 カメラでいう凸レンズの役割を果たす。
厚さは約4mm前後で、直径は約9mm。無色透明で、凸レンズの形状。 眼球における屈折力の1/4から1/3を担っている。 毛様体と呼ばれる筋肉がつながり、チン小帯で支えられる。 近くを見るときは毛様筋が収縮し、チン小帯が弛緩することで厚くなる。 遠くを見るときは逆に毛様筋が弛緩し、チン小帯が引っ張られることで薄くなる。 このようにして遠近にピントを合わせる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』