J-Medical 医学事典

トップページ > 皮膚科 > 白皮症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_658.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_658.html on line 43

白皮症

白皮症は、皮膚や毛が白くなるものである。

【原因 Cause】
遺伝性疾患で、先天的にメラニン色素合成能力に異常があって起こる。

【症状 Symptoms】
・皮膚、毛髪、眉毛が白くなる
・目の虹彩がピンク色になる

【治療 Treatment】
治療法はない。皮膚炎、皮膚がん防止のために、日焼け止め、サングラス等が必要となる。



白皮症(アルビノ)
皮膚や虹彩でのメラニン産生が障害されていることによって起こる疾患。チロジナーゼ欠損症は常染色体劣性遺伝であるが、他にも少なくとも3つの病型で責任遺伝子が明らかになっている。色素欠損のため、全身の皮膚は白く、毛髪は金髪ないし白髪。虹彩は毛細血管のため赤く見えるが、遮光性が不十分であるため、白皮症患者は著しい羞明(まぶしがること)を呈する。

メラニンの欠損はヒト以外の動物にも起こる。この最もわかりやすい例は白い毛皮に赤い目を持つウサギで、アルビノのウサギ同士を交配して飼育用としている(常染色体劣性遺伝なので、色のあるウサギと交配するとアルビノは生まれない)。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より