J-Medical 医学事典

トップページ > 皮膚科 > 尋常性白斑(しろなまず)

cancer-df.net - 

尋常性白斑(しろなまず)

尋常性白斑は、大小の白斑が集合して拡大するものである。

【原因 Cause】
原因は不明である。

【症状 Symptoms】
・大小の白斑が出て集合していく

【治療 Treatment】
紫外線照射や紫外線吸収効果のある薬剤を使う。



尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)は、不規則に皮膚の色の損失を引き起こす慢性的な肌の病気である。白斑の正確な原因は十分に分かっているわけではなく、自己免疫機能、遺伝、環境要因の複合によって引き起こされると考えられている。米国の人口発生率は1%~2%と考えられている。いくらかの文化においては白斑はひどく差別される。マイケル・ジャクソンや森光子が患っている事で有名。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より