J-Medical 医学事典

トップページ > 皮膚科 > 紫斑


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_651.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_651.html on line 43

紫斑

紫斑は、赤紫色のあざが出るものである。

【原因 Cause】
血液または血管の異常による出血が原因である。

【症状 Symptoms】
・皮膚の広範囲に赤紫色のあざ

【治療 Treatment】
原因疾患の治療をする。通常は2週間程度で治癒する。



慢性特発性血小板減少性紫斑病
ITPが慢性化したもの、あるいは慢性に進行するITPである。ITPは多くの場合小児に発症し、急性の経過を辿って半年程度で治癒する。しかし、一割程度の割合で、慢性の経過を辿る場合がある。また、成人がITPを発症した場合慢性化することが多い。ITPが6ヶ月以上遷延化した場合、慢性特発性血小板減少性紫斑病の診断が下される(小児にあっては、ウイルス感染が先行し発症が急激ならば、急性ITPと考えて良い)。急性のITPと異なり、大出血を起こすことは比較的少ないが、若年女性に多いため、月経、妊娠、出産において問題になる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より