J-Medical 医学事典

トップページ > 皮膚科 > 化粧品皮膚炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_641.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/06/post_641.html on line 43

化粧品皮膚炎

化粧品皮膚炎は、肌に直接使用するものによって起こるものである。

【原因 Cause】
化粧品、入浴剤、毛染め液、パーマネント用剤等が原因となる。

【症状 Symptoms】
・手、頭、顔、首に湿疹

【治療 Treatment】
原因物を使用しない。抗ヒスタミン剤、副腎皮質ホルモン剤を使う。



皮膚炎(ひふえん)とは、皮膚に起こる炎症のこと。湿疹ともいう。 湿疹の特徴として「外見上、多様性に富む固疹が、時間的にも状態的にもみられる。」「病理学的にリンパ球などの炎症細胞浸潤がみられること」などがあげられるが、統一した定義をつけることが困難な概念である。外見の変化を専門的には湿疹の三角形と言われ別項に記す。

湿疹とは病態(動き)を示す言葉であり、ある発疹を診た時に、湿疹が起こっているとは言うことができるが、発疹を診てこれは湿疹だと言うことはできない(同じことが蕁麻疹でもいうことができる)。皮膚に起こる形態的徴候は皮膚科学の言葉で発疹として別に定義されている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より