J-Medical 医学事典

トップページ > 循環器内科 > 狭心症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_96.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_96.html on line 43

狭心症

狭心症は、心臓を取り巻いている冠状動脈が狭くなって、必要な血液を心臓に送ることができなくなる病気である。

【原因 Cause】
主な原因は、動脈の内側にコレステロールや中性脂肪が沈着して、動脈を狭くする動脈硬化である。他に、冠状動脈のけいれんや、大動脈炎症候群、梅毒等による炎症も原因となる。心臓に必要な血液を送れない状態を虚血と言い、冠状動脈が狭くなると、家事や運動時にこの虚血状態となり、これを労作性狭心症と言う。50代以上の男性に多く発症し、心筋梗塞に移行すると生命の危険がある。

【症状 Symptoms】
・胸の痛み

痛みは胸の中心部分が多く、しめつけられるような鈍痛が起きる。約10分程度でおさまることが多い。

【治療 Treatment】
ニトログリセリンやカルシウム拮抗剤、ベータ遮断剤等、薬物治療が中心となる。それぞれ、発作の抑制や、冠状動脈のけいれん防止、心臓の活動の抑制によるエンルギーの減少等に効果がある。薬物療法による効果がない場合等には、冠状動脈の狭くなった部分を広げる冠動脈形成術や、冠状動脈にバイパス形成する外科的療法が施される。



検査
心電図
ホルター心電図;小型の心電図記録装置を24時間携帯し、検査を行う
運動負荷心電図
心筋シンチグラフィ;放射性同位元素 (RI) を使用する。特定の施設でしか施行できない。
冠動脈造影(coronary angiography; CAG)
など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』