J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > レイノー病・レイノー症候群


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_91.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_91.html on line 43

レイノー病・レイノー症候群

レイノー病は、寒冷に対して血管が過剰反応を起こして収縮し、血流が悪くって、手足の指が蒼白になるレイノー症状のうち、原因が不明のものである。レイノー症候群は、原因となる病気が特定できるものである。

【原因 Cause】
レイノー病の原因は不明だが、レイノー症候群は、バージャー病や膠原病が原因となる。白蝋病もレイノー症候群のひとつである。

【症状 Symptoms】
・手足の指が蒼白になる

レイノー症候群では、潰瘍ができたり指がむくんだりすることがある。

【治療 Treatment】
レイノー病は、血小板凝集抑制剤や血管拡張剤を投与する。レイノー症候群は、基礎疾患の治療をし、やはり血小板凝集抑制剤や血管拡張剤を投与する。手術を要する場合もある。



 一般には虚血発作が完全に消失することは期待できない。薬物療法として、血管拡張薬やプロスタグランジン(PGI2)の内服などが試みられているが、今のところ確立した治療法はない。
 したがって、レイノー現象を起こしている原因疾患の治療を正しく行い、予防として、寒冷を避けることが重要。冬の外出時には、手袋をする。また、極端な疲労や精神的なストレスをなるべく避けるようにする。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』