J-Medical 医学事典

トップページ > 外科 > バージャー病


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_90.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_90.html on line 43

バージャー病

バージャー病は、手足の血管に血栓ができて、血液が流れなくなる病気である。

【原因 Cause】
原因ははっきりしていないが、40歳以下の喫煙習慣のある男性に多く発症する。

【症状 Symptoms】
・四肢の先が冷たく白くなる
・しびれるような痛み
・ふくらはぎに赤い筋状の腫れ
・足指先に壊疽

【治療 Treatment】
初期には血小板凝集抑制剤や血管拡張剤等による薬物治療と、歩行訓練等の運動を行う。進行して
壊疽が起きると、抗生物質が投与されるが、重症のときは足の切断をする場合もある。日常生活で、手足を清潔にして保温をすると同時に、禁煙を実行する一般療法で進行を防ぐことができる。



将来的に内膜炎が血管閉塞を引き起こし末梢を壊死させるのを防ぐ為に、血管の収縮を招くストレスに晒さない事が求められる。寒気を避け、温浴、マッサージ、運動等で血流を良くする事が求められる。また患部を清潔に保つ事も効果があるとされる。 喫煙は血管収縮を招く事から、絶対禁止が求められる。 医学的にも血小板凝縮抑制や血管拡張、血管バイパス形成等による血行再建手術、神経切除などの対症療法が主流であるが、病変が末梢部にあるので血行再建手術は難しいとされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』