J-Medical 医学事典

トップページ > 呼吸器内科 > 解離性大動脈瘤


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_86.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_86.html on line 43

解離性大動脈瘤

解離性大動脈瘤は、弱った血管内側の膜が血圧等で裂け、解離する病気である。進行により解離部分が大きくなると、破裂して生命の危険がある。

【原因 Cause】
動脈硬化等で血管が弱くなるのが原因である。

【症状 Symptoms】
・胸、背中、みぞおち、腰等に激痛
・発汗
・吐き気
・ショック状態
・意識不明
・半身麻痺

【治療 Treatment】
まず血圧降下剤の投与で血管の外側の壁が破裂しないようにする。効果のない場合や、心臓、脳等に影響のある場合等は手術をする。



病態
正常な層構造が壊れた大動脈は弱くなり、最悪の場合破裂してしまう。また、大動脈の出発点である心臓に解離が進めば、その根元にある冠動脈を閉塞して心筋梗塞を起こしたり、大動脈弁を壊したり(大動脈弁閉鎖不全症)、心臓を包む心嚢という袋の中に出血を起こしたりする(心タンポナーデ)。これらの合併症は死に至るものであり、大動脈解離が危険な病気である由縁といえる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』