J-Medical 医学事典

トップページ > 呼吸器内科 > 症候性低血圧症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_82.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_82.html on line 43

症候性低血圧症

低血圧症は、血圧の最高値が100ミリ以下、最低値が60ミリ以下である。このうち、つねに血圧の低い状態を慢性低血圧症と呼び、症候性低血圧症は慢性低血圧症のひとつで、原因となる病気のあるものを言う。

【原因 Cause】
心臓病や内分泌器官の病気が原因となる。

【症状 Symptoms】
・基礎疾患の症状
・頭痛
・動悸
・めまい
・食欲不振

【治療 Treatment】
基礎疾患の治療が第一である。




ヒトの血圧
左心室から大動脈弁を出た直後の大動脈内圧である。 人間での正常範囲は、収縮期で130mmHg未満、拡張期で85mmHg未満とされている。 健康人においても、加齢によって正常血圧は上昇する。また、この正常範囲は21世紀初頭のものであり、以前から何回か改定されており、今後も改訂の可能性がある。 正常範囲を超えた血圧が維持されている状態は高血圧症と呼ばれ、生活習慣病のひとつである。また、正常範囲より低い状態は低血圧症と呼ばれる。低血圧症は、疲れが取れにくいという症状は出るが、一般にいわれる、低血圧ゆえに朝に弱いということは医学的に何も根拠がない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』