J-Medical 医学事典

トップページ > 呼吸器内科 > 胸膜炎(肋膜炎)

胸膜炎(肋膜炎)

胸膜炎(肋膜炎)は、胸膜に炎症が起こる病気である。

【原因 Cause】
多くは、肺疾患等他の疾患を原因として発症する。肋膜炎は、かつての名称で、主に結核性だった。現在は、がん性のものが増加している。

【症状 Symptoms】
・胸痛
・咳
・痰
・呼吸困難
・激しい動悸
・発熱
・悪寒
・倦怠感

【治療 Treatment】
呼吸困難のときは安静にする等、まず最初に症状の対症治療が行われる。胸水が多いときは針を刺して除去する。



胸膜に炎症が起こり胸水のたまる疾患。原因により結核性胸膜炎、がん性胸膜炎などに分けられ、結核性胸膜炎は青壮年者に多く、がん性胸膜炎は高齢者に多くみられる。
症状は、発熱、胸痛、せき、食欲不振、全身倦怠などで、胸水の貯留量が多くなると呼吸困難を生じる。診断は、X線検査、CT検査、胸腔穿刺により行い、また治療として化学療法を用い、さらに呼吸困難には胸水穿刺排除、副腎皮質ステロイド剤が用いられる。結核性胸膜炎は約1か月ほどで治癒する。