J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 肺血栓塞栓症・肺梗塞症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_69.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_69.html on line 43

肺血栓塞栓症・肺梗塞症

肺血栓塞栓症は肺動脈に血栓が詰まって、肺に血液が送られなくなる症状である。肺梗塞症は、肺への血液の流れが完全停止し、肺組織が壊死した症状である。

【原因 Cause】
肺動脈に血栓が詰まって、心臓から肺への血液の流れに障害が起こるのが原因である。血行障害の原因となる血栓は、ほとんどが下肢の静脈でできる。

【症状 Symptoms】
・急な呼吸困難
・胸の不快感
・咳
・不整脈
・血痰
・発熱
・発汗
・チアノーゼ

【治療 Treatment】
血栓を溶かすウロキナーゼ等の薬剤を投与する。再発防止のため、血栓ができないように、ヘパリン等血液凝固防止剤をあわせて使用する。原因によっては外科的治療も行われる。



死亡のリスクが高い疾患である。塞栓をきたす血栓が大きい場合は即死をきたすことがあり、原因も不明な場合が多い。欧米では循環器疾患による死亡原因として3番目に多い。肺組織が壊死に陥ること(肺梗塞Pulmonary Infarction; PI)が10-15%に認められる。肺梗塞は比較的末梢の肺動脈閉塞や、ベースに心疾患や呼吸器疾患を有している場合に生じやすい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』