J-Medical 医学事典

トップページ > 呼吸器内科 > 急性呼吸不全


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_67.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_67.html on line 43

急性呼吸不全

急性呼吸不全は、急性で、呼吸の働きが阻害され、酸素、二酸化炭素のガス交換が著しく障害を受けた状態である。

【原因 Cause】
気管喘息の発作や重症の肺炎、気道閉塞、間質性肺炎、敗血症、神経筋疾患等の他、外傷やショック等を原因として起こる。

【症状 Symptoms】
・呼吸困難
・チアノーゼ
・意識混濁

【治療 Treatment】
急性呼吸不全は、生命の危険があるため、救急措置として酸素吸入等が、まず施される。その後、原因となる病気の治療が実施される。



呼吸不全(こきゅうふぜん)とは、概念的には外呼吸の異常のために内呼吸が正常に行なわれず生体が正常な機能を営みえない状態のことであり、一般的に動脈血の酸素分圧が60mmHg未満の状態を呼んでいる(これは酸素飽和度では約90%未満に相当する)。動脈血の酸素分圧が60mmHg以上、70mmHg未満を準呼吸不全と呼ぶことがある。
動脈血の酸素分圧または二酸化炭素分圧が異常値を示す状態全てを呼吸不全ということもある。
酸素投与状態では、(動脈血の酸素分圧[mmHg])÷(吸入ガスに占める酸素の割合)で計算される量を「P/F比」とよび、次の重症度分類をすることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』